2017年12月16日 天気 今日も晴れ!

そしていよいよクルーズ船最終日

AM6:30 朝日が昇る

 

今日はラスト3本

ダイブ9
ポイント名  :ビーコンベイ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:7:14
ダイブタイム :28分
最大深度   :23m
透明度    :30m
水温     :28℃

セッティングしてジャイアントストライドエントリーで飛び込む!

潜行時にダイコン(ダイブコンピューター)がないことに気づく 。Σ(゚д゚lll) ガーン!!

 

今までのダイビングではダイコンがなくても、インストさんが持っていれば、それで今回は大丈夫ということでそのまま継続するのだけれど、

こちらのダイビングでは個人で絶対持っていなければ潜れない!
というルールらしい。

今まで私はダイコンは水深と潜水時間を見ることしか気にしていなかった。(ごめんなさい)

一番重要なこと、無減圧潜水時間を知るということで、減圧症にかかってしまうリスクを減らすことができるためのコンピュータだ。

シミラン諸島は結構深いところを潜るので自分でちゃんと管理しなさいということだそうです。

 

インストさんにないことを伝えると、この時点で中止。

そこで船に戻ることになった。Σ(゚д゚lll) ガーン!!

 

水面に上がると船ははるか遠く・・・


フロートをあげて迎えに来てもらう・・・

なかなか気がついてもらえない。

5分くらいフロートをあげ続けやっと迎えに来てもらう。

結構この時間がハードだった。

いつも引っ張っていたボートに拾ってもらうとは・・・

引き戻って潜れるか交渉し、OKということでダイコンを取りに行って再度ダイブ。

ということで、ダイブタイムは28分(^_^;)
(プチハプニング②)

 

早朝ダイビングからあがり、朝食を食べる。


朝はちょっとだけ(^^♪

そして、いよいよもうひとつの楽しみにしていた陸上陸

シリマン諸島で有名な Ao Kuerk Bucht

5年前にダイバー雑誌でみた、夢に見ていた島だ!

「冬なのに青い空・海・珊瑚・魚の群れ・・・
いつか私もこう言うところにいけたらな・・・たぶん 行くんだろうな・・とぼんやり頭に思い描いていた。」

風景が目の前に!!

 

ボートに乗り込み

ほぼ貸切の4名のダイバーさんと一緒に上陸!

スウェーデンと中国のダイバーさん。
(スウェーデンは毎日-20℃らしい・・)

3日間一緒なので、最後はちょっと仲良し。一緒に写真

そして石の階段を上ると

パラダイス!!

これがシミラン諸島!

インストラクターのセツさんと。

午前中にここにくることが太陽の向きの関係で一番きれいだということ。

確かに光が差して海の色が美しい。

しかもあまり人がいないので、ビーチも貸切!

そしてまた、みんなでパチリ(^^♪

北欧や中国の人って大きい。

池に普通に日向ぼっこ

1時間ほど島でのんびりした後船に戻る。

さあ、最後の2本ダイビング

 

ダイブ10
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:41
ダイブタイム :46分
最大深度   :23m
透明度    :25m
水温     :30℃

タイマイ

モンガラカワハギ

最後のランチをいただく。

ダイブ11
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:09
ダイブタイム :50分
最大深度   :25m
透明度    :30m
水温     :29℃

とにかくどこを潜ってもスカシテンジクダイの群れがすごかった。

スカシテンジクダイ吹雪の中を毎回泳いでいた気がする。

海の中も夢の世界だった。

今回お世話になったほうぼう屋さんが3日間を凝縮した動画を作ってくれたのでリンクします。

2017/12/14-16 3日間シミラン諸島大満喫!リラックスの初クルーズ

次はいよいよハプニング・・・パスポート紛失編
・next 2017年12月タイ・カオラック パスポート紛失編2018/03/10
・back 2017年12月シミラン諸島・ダイビングクルーズ編Ⅰ2018/01/27