2017年12月16日

 

クルージング船に乗っているとき、心の中にひとつ不安があった。

船に持ってきたバックとスーツケースの中にパスポートがない。

カバンから出した覚えもない。

 

チェックアウトしたとき、ホテルに一つ荷物を預けてきた。

その中に忘れてきたんだろうと、かすかな望みを持って

港から同じホテルに送ってもらう。

 

とりあえずホテルにチェックインする。

預けた荷物を受け取り中を調べる・・・

が、

ない。

 

ホテルに忘れてないか聞いてみる。

NO!

 

今度は違う部屋に案内してもらう。

前よりグレードアップした、プールにすぐ下りれる、景色のいい部屋だ。

 

スーツケースから荷物を全部出す。

バックの中身も全部出す。

ないっ!

 

洋服の入っている袋、ポーチ、ポケット、洗面道具の袋・・・探す。

ないっっ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・(゚_゚i)タラー・・・

 

もう一度フロントにいき、

「パスポートをなくした。この間泊まった部屋は7233号。

セキュリティボックスに忘れたかも。」

と伝える。

だが、フロントは

「明日、部屋が空いて、部屋の掃除が入るまでわからない」という。

この時点で、近くに多分あるだろう大使館で、再発行してもらえればなんとかなるだろうと、

そこまで深刻に考えていなかった。

調べれば調べるほど、事の重大さに気づいてくる。(@Д@; ・・・

 

①大使館って国に1つしかないということがわかる。

しかもバンコク。

わざわざ飛行機で1時間半かけていかなければならない!
(今回行く予定のプーケットみたいな有名な観光地にはあるものだと思っていた!)

②今日は土曜日。大使館は平日しかやっていない。連絡もつかない。

心細いまま後2日待たなければならない。

 

③パスポートを再発行してもらうには警察に行って、紛失届けを発行してもらわなければならない。

(どうやって、警察に行けばいいの?どこにあるの?タイ語しゃべれないし・・)

 

④バンコクに飛行機で行くとき、そもそも紛失届けだけで飛行機に乗れるのか?

 

⑤海外旅行で加入している保険会社は怪我などは色々サポートしてくれるが、パスポート紛失については現地でサポートしてくれない!

個人旅行なので、これら全部自力でしなけばならない。

 

夜はずっとこれらについてできる限り情報を調べる。

 

そして少しでも心が折れないように、唯一話せる人に連絡をつける。

 

①頼れはしなかったけど、日本にいる家族
(母親のバカさを笑われることで心が軽くなった)

②バンコクに在住の、以前お世話になった方
(バンコクに来たら大使館まで案内するので、ご飯を食べましょう

なくしたことを別の楽しみに変えていただけた)

そして、

③送迎を頼んでいたカオラックナビの日本の方
(送迎の時間と場所を変更するため連絡を取る

唯一近くで日本語のやり取りをできた方・・すごく心強かった。

 

12月17日晴れ

 

朝早く目が覚める。

 

あまり寝れなかった・・・・。

昨日探しておいた一番近いカオラックのポリスステーションのfacebookを見つける。

google翻訳をつかって、思い切ってメッセージを送る!
(↑これって、5月に1ヶ月留学していたのの成果の一つ)

 

これで、ポリスステーションのAndyさんに話がつながった!

行けば何とかなる!
(本人は休みだといってるけど・・)

そして、今度はプーケット→バンコク日帰り往復の飛行機の予約。

帰りはプーケット→シンガポール→日本なので、バンコクからプーケットに戻らなければならない。

日帰りのできる一番安いチケットを検索。

でも、

海外旅行で加入している保険会社は、パスポート再発行のためにかかった交通費と宿泊費は保証してくれるとのこと

だから、信用ができる&マイレージのきくタイ航空にする。
(後でこれが正しい選択になる)

 

朝7:20発 プーケット→ 8:45着バンコク

夜19:10発 バンコク→ プーケット20:35着

予約とれた!

 

朝食を食べて、10時頃、ポリスに行くためフロントにタクシーをお願いしに行こうとしたとき

部屋に電話がかかってきた。

昨日送迎を変更したカオラックナビの日本の方からだ!

もし、タクシーの手配がまだなら

ドライバーを手配するのでカオラックのポリスステーションの送迎と、紛失手続きをサポートしましょうか?

こんなに心強いことはない。

 

優しそうな英語の話せるドライバーさんがサポートをしてくれて、

いくつかの質問だけで、カオラックポリスステーションで紛失届けを書いてもらう

タイ語で書かれている紛失届け・・・

10分もかかりませんでした^_^;

 

大使館へ行くための

飛行機の手配、パスポート紛失証明書

明日の朝の空港までの送迎

すべて手配をする。

 

そして、14:00ランチ。

でもね、ぜんぜん味が感じなくておいしくなかった。

 

そしてホテルの部屋に戻る。
部屋のベルがなる。

 

ドアを開けると、フロントのお兄さんが、ニヤニヤしながらたっている。

手には私のパスポート!!!!!

あれ程言っても無い!と言われたのに。(♯`∧´)

結局前の部屋のセキュリティboxに入っていたということ。

 

それから全て手配した予定をキャンセル

お世話になった方々に謝り電話とメール

 

余計落ち込む。_| ̄|○ ガックリ

 

 

 

そして今回も思ったこと。

やっぱり一人でよかったと思う。

ツアーだったら、友達とか子供とか、連れがいたら、謝るか、責められるか、気を使わなければならない。

一人だから、自分の責任だし、自分のことだけ考えればいい。

そして、本当にありがたかった方たち。(;_;)

もう一度言うけど、

①頼れはしなかったけど、日本にいる家族
(母親のバカさを笑われることで心が軽くなった)

②バンコクに在住の、以前お世話になった方
(バンコクに来たら大使館まで案内するので、ご飯を食べましょう

なくしたことを別の楽しみに変えていただけた)

そして、

③送迎を頼んでいたカオラックナビの日本の方

(唯一近くで日本語のやり取りをできた方・・すごく心強かった。)

助けていただいた方々、

かかった無駄な費用、

その他色々含めて

priceless

 

 

後日談

・タイ航空を正規の値段でとったため、キャンセルは少しの手数料で返金される。
・日本の海外旅行保険会社へ2回電話したため4000円近くの電話代(;_;)
・・・・・・・・少しだけの出費ですんだかも

 

次はプーケットへ

 

・back 2017年12月シミラン諸島・ダイビングクルーズ編Ⅱ2018/02/12