2年間で10銘柄

2008年10月 初めて株を購入する。

2009年少しずつ銘柄を増やす。

1度買うと抵抗なくボタン1つで買えてしまう。

2011年2年間で10銘柄ほど買っていった。

(日経平均株価は7,000円から10,000円 3,000円くらい上がり始めた頃)

 

初めの選別は自動車・ホテルの優待券:次も他の自動車・ホテルの優待券

そして、ニュースになったキーワードから関連するもの。

たとえば、震災・・・建設業

インフルエンザの新薬・・・製薬

海の開発・・・造船

よく利用する飛行機

好きな旅行に関係するものetc

 

株はギャンブルか?

株をやると聞くと、みんなはギャンブルでしょ?とか、怖いものでしょとか、貯金がなくなってしまう

とマイナスのイメージをよく言われる。

確かに買ってから値動きを見ていると投資したお金が1000円利益が出たり、2000円損が出たり。

自分のお金がリアルタイムに変わっていく。

でもそれは単なる数字上であって、売らなければ損も得もしない。

それよりも、世の中ってこう動いているんだ!と結構感動だった。

 

株を買う感覚はお金で買い物をするという感覚でなく

その企業にちょっとかかわっているという感覚と、貯金よりも気分的に頭を使っているという感覚だった。

株を売る!

3回目の株セミナーでの事

一緒に始めた会社の友達が、売って10,000円くらい儲かったという話をした。

そのとき先生が、良く売りましたね。と売ったことをほめた。

先生いわく、

買うことはできても売るということができない。

もっとあがるのではと思ったり、下がったら待てばあがるのでは・・と考えてしまい

なかなか売ることができない。

それを1万儲けたから売る!という思い切りがすごいといっていた。

そっか。売らないとお金にならないんだ・・と

証券アプリで見ると持っている株の評価価格(+xxxx円)が一目でわかる。

初めて買った自動車株の値段が1年で(+90,000)になっている。

470円⇒800円 300株  ちょうど底値からあがり始めた時期だったのね・・

そこで利確!

初めて株のすごさを体験する・・

(その先もっと上がったのにね(^_^;)へへ)