今から5年前。

ダイビングライセンスを取ろうと思っていた頃、なんとなく手にしたダイバーの雑誌。

その表紙に載っていた「潜り初めはタイ・カオラック」

冬なのに青い空・海・珊瑚・魚の群れ・・・

そしてアフターダイブはタイのジャングルの観光&エレファントトレッキング

いつか私もこう言うところにいけたらな・・・たぶん 行くんだろうな・・とぼんやり頭に思い描いていた。

 

そして 2017年夏!

 

シンガポール航空のキャンペーンが目に留まり

羽田空港→シンガポール:チャンギ空港経由→プーケット の10時間のフライト 往復で5万円弱に

思わずポチっ!

そこからカオラック・シミラン諸島クルージングの旅の計画が始まった!

 

2017年12月12日ー19日

カオラックはプーケット空港から北方向に車で1時間半のリゾート地である。

シミラン諸島へ行く拠点でもあり、ダイビングでも有名な街。

シミラン諸島はカオラックからスピードボートで2時間

アンダマン海にある国立公園に指定されている珊瑚、花崗岩でできた島である。

今回乗るクルージング船はソンブーン3号

 

2泊3日のダイビングクルーズである。

*******************************

12月12日22時50分発→13日5時シンガポール・チャンギ空港

仕事を終えて、そのまま羽田国際空港へ・・・20時

まだ3時間くらい時間がある。


ファーストクラスではなくエコノミーですよん。


出発前にちょっと羽田国際空港ラウンジでご飯とシャワー

 

  
ANAのシャワールームはアメニティがしっかりそろっていて快適(*^_^*)

 


千葉の上空・・・たぶん


シンガポール航空の機内食・・・カレーだったから、あまりシンガポール食が味わえず・・・

  

ターミナル2に到着

ちょうどクリスマス前だったので空港の中もクリスマスモード

チャンギ空港は広い・・ターミナル3へモノレールに乗って移動

トランジット・2時間あり、ショッピングしたり、お茶したりのんびりしようと思ったのだけど、

うろうろしていたら、時間ぎりぎりに・・

飛行機に乗ったのは出発10分前(最後の客に・・・)(゜o゜)

 

飛行機タラップ行きの最後のバスを止めてもらい、関係者にはあきれられ、

乗れたのは運がいいよと言われてしまいました。(ハプニング①)

 

13日7時発→8時プーケット空港着(時差があるので2時間弱のフライト)
  

日本のサイト「カオラックナビ」で前もって手配しておいた送迎車に迎えに来てもらう

空港を出ると迎えの人たちが、名前を書いたプラカードを持って待っている。

日本の会社だったので、日本語で大きく○○様と書いて待っていた。(ちょースムーズなお出迎え)

空港タクシーを現地で捕まえてもいいのだけど、場所を伝えなければならず、また、金額がわかるまではらはらしながら乗るのもいやなので、

ちょっと高いかもしれないが今回は前もって手配をしておいた。

(この日本の送迎ツアー会社が後にとっても頼りになり、助けてもらうことに!)

8時半→10時カオラックホテル着

前日の夜出発で、翌日の午前中にはタイのリゾートホテルに着くので、とても効率的なフライトだと思う。

 

「The Leaf oceanside」

とてもきれいでこじんまりしていて使い勝手のよさそうなホテル

テンションがあがる\(^o^)/

次はホテルライフ(*^_^*)

.next 2017年12月カオラック・ホテル・街編2018/01/12